二つの可能性から選ぶ仕事ができる人への道

看護師にとって自分のスキルをどのようにして活用できるようにしていくかを考えるのは重要であり、仕事ができる人になれるかを分ける大きなポイントになります。大別すると二つの方向性があるのでよく考えてどちらが自分に合っているかを選ぶと良いでしょう。
成功する人の特徴として自分のスキルについて理解して方向性をしっかりと定めているのは共通しています。

一つ目の方向性は同じ職場で働き続けることにより、その職場で必要とされているスキルに特化して磨いていく方法です。どの仕事も板についてきて、長く培った経験から的確な判断ができるようになり、その職場では仕事ができる人として活躍できるようになります。限られたスキルを深く掘り下げて活用するのに長けている人にとって良い選択肢になるでしょう。
二つ目の方向性は自分のスキルを拡張していく考え方でスキルアップを図っていく方法であり、転職をして様々な職場で経験をすることによって能力を高めていくのが具体的な手段です。転職に際しては大きな労力が必要になるものの、それによって働ける職場も増やし、将来の展望を広げられるのは特徴と言えます。

仕事ができる人となるには看護師としてのスキルと掘り下げるか広げるかを選ぶことも一つの選択肢として賢明であり、両方を求められるような能力の持ち主はあまりいません。無理をせずにどちらかを選び、特化したスキルを身につけて活躍するか、スキルを拡張して活躍できる現場を増やすかを目指すようにすると良いでしょう。